psn_card

当サイト限定

PSNにお金を使わず

無料チャージする

秘密のウラ技はこちら

btn001_13

   

プロ野球スピリッツ2015攻略 ここが勝負だを使うポイント

プロ野球スピリッツ2015攻略で、ここが勝負だの使い方は重要です。

 

前作よりも弱くなったとはいえ、

ゲームのターニングポイントになる事は間違いないので、

その使い方次第では勝率を伸ばす事も可能です。

 

僕のここが勝負だの使い方ですが、

大会の場合、6回までしかありませんので、

序盤でも積極的に使っていきます。

 

 

対戦相手の戦力にもよりますが、

例えば初回、ノーアウト満塁のケースならほぼ使います(笑)

 

4番打者は長打力の高い選手にしているケースがほとんどですので、

ここでもしHRで4点入るような事があればそれだけで試合展開は凄く楽になります。

 

6回までしかない事を考えると、

この先でこのようなビックチャンスが訪れる事はないかもしれません。

 

楽天の場合は投手力がよく、

抑えに松井、クルーズ、ミコライオ(実際には出てきてないですが・・・)など、

左右の優秀な抑えがいるので、先行逃げ切りでの試合展開が最も楽ですので、

序盤から大きなチャンスが来た時には積極的に使うようにしています。

 

ちなみに他のユーザーには不評のような、

ストレートしかとりえのないクルーズですが(笑)

僕はほぼ抑えてくれているので大満足しています^^

 

スポンサーリンク



 

序盤でそれなりにリードしている場合には、守備時での大きなピンチで使う事が多いです。

それこそ満塁で4番を迎えた時など、大量失点の可能性がある時ですね。

 

ある程度の点差でリードしている時が条件にはなりますが、

大量失点さえしなければ勝てる試合などではこの使い方がメインです。

 

 

逆にリードされている場合、

同点、もしくは僅差で負けている(1~2点)場合の最終回は、

先頭打者に使う事が多いです。

 

塁に出る事が出来れば、1点差ならHRでサヨナラ、もしくは逆転、

2点差なら同点の場面を作る事が先決だと思うので、

先頭が塁に出る事が凄く重要だと思っているからです(笑)

 

 

以上が管理人が、ここが勝負だをよく使うケースになります。

 

人それぞれ使い方は違うかと思いますが、

6回2アウトで最後の打者に使うのなら、

それまでのチャンスで使って少しでも得点を上げれる可能性を上げた方が、

勝率は上がるんじゃないかな~って思います。

 

初回に使ってゲッツーなどで無得点なら超凹みますけどね(^^ゞ

 

 


スポンサーリンク


コメントを残す

コメントは承認制です。
全てのコメントにお返事させて頂きますが、
お名前の入力がない場合や、匿名、あああ などの場合は、
コメント承認出来ない事があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.