psn_card

当サイト限定

PSNにお金を使わず

無料チャージする

秘密のウラ技はこちら

btn001_13

   

プロ野球スピリッツ2015攻略 ここが勝負だの対処法

スポンサーリンク



 

名将オンラインの今大会で100位以内を目指しているんですが、

試合する時間があんまなくてちょっと厳しい感じしてきました(^^ゞ

 

プロ野球スピリッツ2015で色々不満はありますが、

結局遊んでいる自分がここにいます(笑)

 

開発魂でも書いていましたが、

プロ野球スピリッツ2015からはここが勝負だの効力が、

少し弱くなっていると感じます。

 

ただそれでも試合を左右する大事な場面で使う事が多いので、

このゲームの醍醐味の1つだとは思うんですが、これまでは、

ここが勝負だの対処法と言えば、敬遠でした。

 

塁には出してしまいますが、長打、ホームランなどは絶対にないので、

ワンヒット提供する変わりにピンチを最小限に留める事が出来ていました。

 

今作でもそれは同じで、敬遠する事によって同じ対応が可能です。

 

ただ、プロ野球スピリッツ2015からは1球ごとの指示になった為、

敬遠を途中でキャンセルする事が可能になりました。

 

つまり・・・

 

相手がここが勝負だを使ってくると思った初球に、

敬遠を選択する事によって、

 

スポンサーリンク



 

使ってきた場合はそのまま敬遠になり、

使ってこなかった場合は2球目で指示を変更すれば、

初球のみボールにするだけで、

ここが勝負だを回避する事が可能になりました。

 

 

管理人的にはこれも不満です。

 

いくら効力が弱くなったとは言え、

やはりドキドキするポイントである事は間違いないです。

 

これまでですと、1塁に歩かせるとゆう多少のリスクを使って、

ここが勝負を回避していました。

 

前作まではもし相手がここが勝負だを使っていない場合は、

普通にランナーを貯める事になるので不利になっていたので、

敬遠の指示を出す側もそれなりのリスクがありました。

 

でもプロ野球スピリッツ2015では、

もし相手がここが勝負だの指示を出していない場合は、

初球の1球だけボールになるとゆうリスクしかありません。

 

これ、全然痛くもないですよね・・・

 

最近の大会で、皆さんも初球にウエストされる場面が増えていると思います。

 

理由はこれですね。

 

せめて敬遠指示はここが勝負だと同じく、

その打席では変更出来ないようにしないと、

ここが勝負だ対策で使われるのがメインの用途になりますね。

 

管理人はだいぶ前から知っていましたが、ここに書く事によって、

多少広まってこれ以上ゲーム性が損なわれるのもなって思ってましたが、

もうみなさん知っていると思うので(^^ゞ

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


コメントを残す

コメントは承認制です。
全てのコメントにお返事させて頂きますが、
お名前の入力がない場合や、匿名、あああ などの場合は、
コメント承認出来ない事があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.